blog index

安心の整体と骨盤矯正(千葉):自然療法センター橋本

自然治癒力を高めて、体の中からあなた本来の元気を引き出す、安心の整体/骨盤矯正
<< 2019年06月01日のつぶやき | main | 2020年08月01日のつぶやき >>
2019年11月19日のつぶやき
0
    22:27
    【 受けの実力 】   受けがシッカリしていないと   良い稽古は出来ない!   と言うか、本来は   師範ないし上級者が受けを   取るのが原則なのですが   そうでない場合であっても   受けの実力は   稽古では重要な要素で… https://t.co/HBfMUbQWJi
    22:02
    【 雑談 】   本部での稽古後、   Y師範と掴み方、手の使い方が   八光流とは全然違うよね〜。   なんて話をしていましたが   Youtubeの動画は面白かった? https://t.co/zkzMGeK4Fy
    19:06
    RT @dtajima_bot: 想像に必要なものは目の前に全て揃っている。ミケランジェロが大理石の中にダビデを見い出し解放したように、宇宙から何を見い出し解放すればいいのだろうか。想像することとは、宇宙に存在していないものを作り出すことではなく、存在しているものを見い出すこと…
    16:28
    正座をしていた時代は、足が長いと正座が出来ないので、日本人は短足だった。しかし今は椅子に座る洋風な生活になったので、若者は足が長く正座が出来ない。欧米か!その分、日本人は体が劣化している。姿勢が悪い。骨がすぐ折れる。
    16:25
    正座というのは実に理にかなってる座り方で、正座をすると仙骨が正しい位置に立ち、背筋が伸び自然と内臓周りに筋肉がつく。そして自然と体幹が鍛えられる。私らが子供の頃は畳敷きの部屋に正座が普通で、だから元気な人が多かった。納得。
    16:19
    皮膚科医の何気ない日常から病気のこと、死についてまで色々。 読んでいると多くのことが頭をめぐって考えさ...『「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科医が...』大塚 篤司 https://t.co/iubKnPuT6o
    15:43
    気功と整体の組み合わせ面白いと思ったけど技術的な説明はほとんどなし。 普通にカイロプラクティックの本でした。『体の「ねじれ」を戻すと、痛みとしびれが消えていく』横山 莊五 https://t.co/jTfX314mVf
    15:40
    それはつらいですね。 でも、理由はともあれ仲間外れにするような人と友達でいる必要… 続きは質問箱へ #Peing #質問箱 https://t.co/E6orOJtee8
    14:43
    よくわからない。『「治す」事と「癒す」事』井川隆 https://t.co/BwUM9yLoeD
    14:08
    仕事でもプライベートでもなんでもそうだけど、誰に頼むか?が、重大ですねー。同じこと出来る人はいくらでもいると思うけど、結局は人柄で決めちゃうから。 #ボットだよ
    13:14
    今月号の雑誌「壮快」に載ってた「親指トントン」をやってみたら、一瞬で痛みが消えて体調が良くなった。なにこれやばい!もしや、更年期にも効果があるのか??やば〜。
    10:41
    ありがとうと伝える。 そして好き嫌いを判断出来るほどの感情がまだないことも伝える… 続きは質問箱へ #Peing #質問箱 https://t.co/b6J8owdo1C
    08:02
    【 型を間違えている? 】   少し前の月刊秘伝で   新陰流の師範の方が   古参の師範でも   型を間違えてる人が多かった   みたいな事を仰っていました。   八光流でも基本形統一講習を   主に師範向けに開催していますが、   型の伝承って難しいですね。
    07:56
    【女性初のウェイブ使い】搗宮姫奈の練習方法とは!?坂口拓が教えます。 https://t.co/Ig5Lgxn2W8 @YouTubeより
    05:47
    サッカー日本代表の森保監督のインタビュー。インタビュー内容よりも、発言の途中に都度発していた「えー」という言葉が多くて気になった。自分もたまにやっちゃうんだよな。多すぎると話の内容が入らなくなるので気をつけないと。
    | 橋本和子 | 季節と体のお話 | 03:57 | - | - | - | - |
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    bolg index このページの先頭へ